コスト減額で破格賃金縮減

店舗がコントロール不振になり、賃料縮小から給料を割愛されました。なんと報酬の3分の1。どう考えたっていままでと同じような毎日、キャッシュ感覚でやっていけれるわけがありません。
今は結婚していてダディと共働きなので、一気に路頭に戸惑うことはないですが、自由に使える値段は大幅に減りました。今までは蓄財をしたうえで、でもそこそこ使える単価が残りましたが、今は蓄財もできないしし、へそくりも破格減、1か月3万円です。普通にしていればなんとかなるのですが、近所に飲み会に誘われたり、医院に行ったり、家族のお年などのプレゼント買ったりしたら一気にその月々は危機に陥ります。
わが家に含める値段も切り落としました。その分幾分に分担していたファミリーを、あたいが多めに引き受けることにしています。
なんで何十時期もまじめに働いてきて、きちんと数値も出してきたのにこんなことになるのか、本当に悲しいし悔しいです。自分たちの必要を棚上げし、コントロール不振の必要を時世や社会環境の力不足にするコントロール達をぶん殴りたいくらいです。
唯一の救いは、ダディが100パーセント登録を示してくれて協力してくれていることです。富が減ったことに言葉一部もいわず、「往年何度も助けてもらったから、今度は自分が支える番。以前返してくれればいいよ」と言ってくれます。本当にありがたいです。ダディがいなかったら絶対に乗り切れない難関です。ダディがいてもらえるなら、とりあえずもう少し頑張ろうと思います。beautifulstory.sakura.ne.jp/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B9/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%AA%E3%81%97.html